images.jpg

Online

Advanced

CERTIFIED

SCRUM DEVELOPER

David Bernstein

同時通訳

日程 2022年11/14(月)〜11/18(金)

概要

 

この25時間の実践的なソフトウェア開発者トレーニングコースでは、スクラムとエクストリーム・プログラミング(XP)の主要な開発スキルを習得し、より高品質なソフトウェアをより迅速に、より少ない欠陥で構築できるようにします。このクラスは、5時間のセッションを5回に分けてオンラインで提供されます。

アプリケーションプログラムのコアを構築するソフトウェア開発プロジェクトで、チームメイトとBDD、TDD、リファクタリング、創発的設計などの開発者のコアとなるプラクティスを使っていくことで、こうしたプラクティスを習得することができます。このエクササイズでは、先にテストを書くことで、テスト可能な設計を行う方法や、バグとして認識される前に間違いを発見する方法を体験します。また、このアプリケーションを構築する過程では、デザインのパターンを見つけ出し、コードにすることにもなります。プログラミングラボは、JavaまたはC Sharpで行なわれます。

この研修には、先にテストを書く、コード品質を作りこむ、開発プラクティス、高度なテスト技術、創発的設計といった、高度な開発者のプラクティスについての5つの講義や、レガシーコードのクリーンアップなどが含まれています。このクラスが終了する頃には、エクストリーム・プログラミングの原則と実践を応用して、通常数週間かかるソフトウェア開発プロジェクトを、ほんのわずかな時間で完成させることができるようになっていることでしょう。

 

 

この研修で得られるもの

 

アドバンスド認定スクラムデベロッパー (A-CSD) 研修での実践的なハンズオンにより、スクラムの開発チームにおいてインクリメンタルにソフトウェアを構築する経験や、設計を創発する経験が得られます。あなたは、以下のことができるようになります。

  • 分析と設計を行うための専門的なテクニックを習得する

  • レガシーコードをリファクタリングするためにシンプルな戦略を適用すること

  • メンテナンス性を高めるコード品質の見極め

  • 設計を進めるためにテストファーストな開発をどう活用するかの理解

  • TDDのレッド/グリーン/リファクタリングのサイクルの効果的な使い方

  • レガシーコードのリファクタリングを効果的に行う

  • テスト不可能なコードをテストするためのテクニックを身につける

  • ペアプログラミングでうまくコラボレーションする

  • 事前の過剰設計を避け、ジャストインタイムで開発を実践する

  • 過度な手直しをすることなく、イテレーティブなプロセスに合わせたソフトウェアを記述すること

  • コードの共同所有を促し、共通の美学をもつ

  • イテレーティブな開発でパターンへリファクタリングし、デザインを創発する

  • 技術的負債を認識し管理するためのテクニックを実装する

  • 設計の判断をテスト駆動開発が満たしていくかを認識する

アジェンダ

 

セッション1:テストファースト

講義:テスト駆動開発

ラボ1:セットアップ

 

セッション2:テクニック

講義:コード品質を生み出す(CREATE)

ラボ2:まずテストを書く

 

セッション3:プラクティス

講義:開発プラクティス

ラボ3:振る舞いの変化

セッション4:テスティング

講義:テスティングのテクニック

ラボ4:任意の振る舞い

 

セッション5:リファクタリング

講義:創発的設計

ラボ5:モックとシャント

 

セッション6(オプション):ラボのキャッチアップ

ラボを終了するのにさらに時間が必要なときのためのセッションです

 

想定受講者について

このトレーニングは、テクニカルチームのメンバーを対象としています。テクニカルチームの全員で参加すると最大の効果を発揮します。この研修は、アーキテクト、デザイナー、デベロッパー、開発マネージャー、プロダクトマネージャー、ソフトウェアエンジニア/プログラマー、テスター、テクニカルアナリスト、テックリード、QAエンジニアに役立ちます。

この研修には、JavaもしくはC Sharpで行う20時間のプログラミング実習が含まれています。技術者でないチームメンバーの参加も歓迎しますが、プログラミング実習に参加し、また追加のトレーニング要件を満たした方のみがアドバンスド認定スクラムデベロッパーになる資格を得ることができます。

インストラクター: デヴィッド・バーンスタイン
 

ソフトウェアの設計と構築に対する情熱を持ち続け、マイクロソフト、IBM、ヤフー、ボーイング、AT&T、スプリント、メドトロニック、サンガード、ステートファーム、バンガード、ウェアハウザーなど、フォーチュン500社のクライアントのために、1万人以上のプロのソフトウェア開発者の育成に携わってきました。IBMのコンサルタントとして、世界中のソフトウェア・エンジニアに次世代のアプリケーションやオペレーティング・システム・ソフトウェアを書くためのスキルを提供し、IBMの教育史上最高の満足度を獲得してきました。2006年からは、アジャイル、スクラム、エクストリーム・プログラミングの実践に移行するソフトウェア開発者やチームのための技術トレーニングやコーチングを組織に提供するコンサルティング業務に専念しています。

 


認定について

このコースはTo Be Agile社のスクラムデベロッパー認定トラックの一部です。認定トラックには、16時間の認定スクラムデベロッパー研修が含まれており、この研修の前提条件となっています。両方の研修に出席し、プログラミングラボを修了すると、Scrum Alliance 認定スクラムデベロッパー(CSD)とアドバンスド認定スクラムデベロッパー(A-CSD)が授与されます。このA-CSDコースは、25のスクラム教育ユニット(SEU)を対象としています。

このアドバンスド認定スクラムデベロッパー研修を受講するための前提条件として、To Be Agile社(David Bernstein氏)の認定スクラムデベロッパー(CSD)研修を受講している必要があります。

オンラインセミナー追加情報

オンラインクラスは対面クラスと全く同じように動作します。また、インストラクターや他の参加者があなたの声を見たり聞いたりすることができなければなりません。したがって、良いインターネット接続とウェブカメラがインストールされているコンピュータ、ヘッドセットを用意されると最適です。授業中にフィードバック、小テストへの回答、ディスカッションや演習への参加などが求められます。

  • ​このオンラインセミナーはZoomという無料アプリを使って行います。

    • Zoom: インターネット環境があればパソコンからでもスマホからでもテレビ電話ができる便利なツールです。ご入金を確認後、ご登録頂いたメールアドレスに招待用のリンクをお送り致しますので、それをクリックして始まります。Zoomについての詳しい説明についてはこちらをご覧ください: https://support.zoom.us/hc/ja/categories/200101697

  • 研修資料はPDF版を研修時点で受講者に提供いたします。

  • 持ち物は特にありませんが、ノートや筆記用具などをご用意頂けるとより有意義にセミナーを受けることができると思います。

 

The course will be held in English.

Practical details:

 

オンライン・アドバンスド
認定スクラムデベロッパー研修
(5x5時間)・同時通訳

 

講師 デヴィッド・バーンスタイン

 

日々 2022年11/14(月)〜11/18(金)

時間 各 08:00-13:00

場所 Zoom

価格   396,000円 (10%消費税込) 

主催  アギレルゴコンサルティング株式会社

 

Eメール  training-jp@agilergo.com

10月21日までにお申し込みされた方には早期割引として価格363,000円(10%税込)でご提供させていただきます。(先着10名様限定)

申し込みの際にはプロモーションコード: 「ACSD-363K-1021」をご記入下さい。

ご予約をキャンセルする場合は、キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。

SA_badge_a_csd.png

お客様の声(対面研修より)

  • HowやWhatよりもWhyにフォーカスされているので知識として定着しやすかったです。その場で理解するには前提知識はある程度だと感じるところもありましたが、後から学びなおす指針にもなるので難易度としても十分でした。

小坂 淳貴

クリエーションライン株式会社

 

  • 大変刺激的で内容が濃く、得るものが多い研修でした。

原野 雄三

キヤノン株式会社

 

  • 最高に楽しく、学びのある場でした。開発者として生きていく勇気をもらったと思っています。ありがとうございました。

陶山 育男

株式会社サイバーエージェント